雛の日

先日、岩槻人形博物館に行ってきて、たくさんの貴重な年代物のお人形たちを観てきました。

うちのお雛様ももう48回目のお出まし。

博物館行ってたくさんお人形観てからうちのお雛様を観ると、より生き生きとして見えるのはなぜなんだろう?

毎年せっせとホコリを落として飾る、お世話するからかなあ?

こうして毎年出すたびに嬉しそうなお顔をしてくれる(ような気がする)ので、少子化で縮小していく雛人形市場が気になるところではありますが、まだしばらく現役で居ると思います。

 
Previous Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください