A l’ombre de la lumiere   +anniversaire+

KONIKA MINOLTA CENTURIA 400-S2, Printed in PHOTOLOVER.

横浜、異人館、ベーリックホールにて。
この壁紙が大好きで、夢にも出てきてしまいました。

久しぶりに、このカメラの写真を貼ります。
1本のフィルムの中にお気に入りが何枚もあった、当たりフィルム。
そこから異人館の写真だけを抜き取り(たぶん、それはそのフィルムの大トロです(笑))、
スライドショウ 『 A l’ombre de la lumiere <  In the shadow of the light > 』を作りました。

タイトルの通り、自分としては「影」の印象的な写真がたくさん取れたと思います。
よかったら、ご覧ください。

*ダイレクトに再生= A l’ombre de la lumiere
(どうでもいい話ですが、スライドショウのバックの色は、件の壁紙の色を意識して選びました。(^m^))

*スライドショウ一覧ページはこちら=
*今日からpick upページを設置しました。=pick up

さて、1月30日で、Venus Joe Imagesのサイトが2周年を迎えます。
2周年記念(?)にサイトのリニューアルをいたしました。

Continue reading “A l’ombre de la lumiere   +anniversaire+”

暮れてゆく今日に

1fc85065.jpeg

KONIKA MINOLTA CENTURIA400-S2, Printed in PHOTOLOVER.

 


横浜で撮った写真で、Photoback(オンデマンド印刷による最小ロット1冊の自費出版写真集)を作りました。
左メニューにリンクがありますので、よかったらクリックしてみてください。
小さな写真集という感じで、自動再生されてる「つくりました」というところです。

リンク先にて、
拡大表示にされますと、写真集中にコメントとして書きましたショートエッセイもご覧いただけます。
ご興味がありましたら、どうぞ♪

まだ印刷があがってきていないので、
完成形を見ていないと、自分自身もまだなんともいえないのですが(笑)

 

ためいき

29e7e118.jpeg

ためいきの聴こえそうな空間がある。
そこで誰かがためいきをついていそうな、というよりは、
空間そのもののためいきが聴こえそうだと思う。

474cc816.jpeg

KONICA MINOLTA CENTURIA400-S2, Printed in PHOTOLOVER.

あるいはそれは、
うっすら開けた窓辺から時折入り込んでくる、
湿り気を帯びた風だろうか。

少し暗くなったからといって部屋の灯りはあまりつけないでいるのも、
たまにはいいでしょう。
差し込む光が刻々と変化していくのを感じていたいから。

 


過日ではありますが、
左メニューの小さなスライドショウを更新いたしました。

去年作った、直島旅行のスライドショウです。
今年はそれに写真を足したり引いたりして、リメイクしました。
具体的には、使用カメラや仕上がりの色合いにこだわらずに、
K100Dの写真を大幅に追加しています。
その結果、去年作ったものよりも、旅の記録として見られるものになったと思います。
ご興味があれば、大きいサイズでもご覧ください。

スライドショウ一覧ページから大きなサイズのものをご覧いただけます → 

 

海辺、埋立地

b631810a.jpeg

 

296dbcbf.jpeg

Agfa PRO200-n, Printed in PHOTOLOVER.

真夏の薔薇

a280f60c.jpeg

 

16ce3826.jpeg

Agfa Pro200-n, Printed by PHOTOLOVER.

 

a155410c.jpeg

Agfa PRO200-n, Printed in PHOTOLOVER.
横浜・異人館にて

この日もすごく暑かった。

けれども、秋を運んでくる風が吹き込んできていた。

そういうことは、いつも密かに行われている。
あたかも昨日と同じ日であるかのような顔をして。

 

夏の窓辺

2db513bb.jpeg

Agfa PRO200-n, Printed in PHOTOLOVER.

北の窓辺から。

7cb3a3e9.jpeg

南の窓辺から。

 

ミルク色

9b79d329.jpg

Agfa PRO200-n,Printed in PHOTOLOVER.

あたしの、金色の縁取りのついた白いボウル。
両手にころんと収まる小ささなのに、くるんくるんと描かれた優美な縁取り。
何度も引っ越している内に、どこへか紛れ込んでしまった。
何度も恋人が代わり、めまぐるしく生活が変わっている間に、
煙のように消えてしまった、小さな陶土のかたまり。

何度目かの失敗に傷つき、戻ってきたホテル。
防音がすぐれているのか、耳に圧迫感があるほどのしずけさ。
沈黙の中、冷蔵庫の中を漁る。
ルームサービスの受付時間が終わっていたのだ。

あなたの写真ばかりを、フィルム2本分くらい撮った。
レジ袋から取り出した、あのチープな紙袋を無造作にベッドに投げ出す。
あたしのベッドは、あなたのポートレイトでいっぱいになる。
ワンルームにありがちなベージュの壁紙と、あなたの。

写真をぜんぶ床に払いのけて、そこに横たわると、
ミルク色の天井に金色のアームのついた、貴婦人のようなシャンデリアがかかっていた。
あたしの、あのボウルは、どこへいったのかな。

ベージュに濁っていくあたしの心に、ミルクをたらしたように、
ほの白いものが広がっていく。

写真は、全部は捨てなかった。
床に散らばったのを上から一瞥して、一番写りのいいのを手帳に仕舞い、
残りは部屋の屑入れへ捨てた。

 


※テキストはフィクションです。
※写真は、横浜異人館にて。(どの館だか忘れてしまった^_^;)

 

Outside , Inside

a2303788.jpeg

26eb603d.jpeg

Agfa PRO200-n * Printed in PHOTOLOVER
横浜・赤煉瓦倉庫にて

すごくすごく暑かった日の写真。
クーラーの冷気で、窓に水滴。

横浜は照り返しがすごかったね。

明日からまた30度超えの1週間だって。
最後の夏、楽しむ気満々!