なんでもない、いつもの朝

P1050666

3・11によせて

今年もこの日がやってきました。

2011年のこの日、自分や家族は幸いにしていわゆる被災者ではなかったため、
去年あたりから3・11についてコメントするのを躊躇っています。
どう言っても、
お前に何がわかる、と思う方がいらっしゃるだろうと思うと、
何も言わないでおくことが良いような気がするのです。

申し訳ないことですが、
自分は被災地に対して何をしているわけでもなく、
自分がインターネットで使うブログやつぶやきに於いては、
ほぼ、「お祈りしています」というような「言葉」や「態度」でしか示せないわけですから。

しかし、個人的にこの日の経験について色々と思うところはあります。
今年も、それを胸に前に進めれば。
そう思います。

 
Previous Article
Next Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください