深夜のアイスクリーム

61c0b464.jpeg

皆が寝静まった頃、冷蔵庫の運転音以外に音のないキッチン。
ここでこうして座り込んでいると、猛烈な空腹が襲ってくる。

わたしは、もう間食はやめたのだ。

そこで、想像してみる。
お菓子の国のお姫さまを。

朝は、ベッドに朝食が運ばれてくる。
メニューはもちろん、ジャムとパンドミ、そしていくつかのペストリーだ。
ときどき、シリアルとミルクもありにしよう。

それを済ますと、ブドワールで身支度を。
すべてを召使たちの手で、おごそかに。
それから友人たちとお茶の時間。
プチフールをつまみながらがいい。

それからそれから…

ふと我に返って、床に放置したバッグを開けてみる。
バッグの底に、煙草の代わりに食べ始めたチョコレートの箱が、
半分つぶれたようになって入っていた。

深夜なら、コンフィチュールのかかったクレームグラッセが食べたいわ。

姫がささやくので、仕方なく、車に乗った。
こんな時間にアイスクリームなんか食べられるところ、あるのかしら。

 
Previous Article
Next Article

One Reply to “深夜のアイスクリーム”

  1. smallcountry

    森瑤子さんの話に出てくるような
    甘い物と真逆の位置にいるような
    赤いマニキュアを塗ったハンサムな
    女性(母)が見えてくるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください