Sara Crewe is a true princess

つらく哀しい境遇にあっても輝き続けた、
セーラの内なる王女をイメージして制作いたしました。

大人になってから触れる「小公女」の物語。
意外にも、子供の時にもっていた感想とは違った印象を受け、
制作にあたり、大変刺激になりました。
下のギャラリーが正常に表示されない場合は、こちら→Google photo

素敵な里親さまとご縁がありました。
お買い求めありがとうございます。

【販売方法】 2/16からスピカでスタートするカスタムブライス展~リトルプリンセス展~に出品いたします。


スピカのサイトはこちら→

★お買い求めの際のご注意★
丁寧に作業しているつもりですが、手作業のため、欠点がございます。
そして、写真に写らない欠点や、チェック漏れもあると思ってください。
漏れのないようにチェックする努力をし、表記いたします。
長文ですが各注意表記まですべてお読みください。

また、当方には喫煙者はおりませんが、犬を飼っています。
犬は作業部屋には入れませんし、梱包時には毛など混入しないように気をつけておりますが、
対策は完璧ではありません。

★商品情報★

ドール本体、アウトフィット【ワンピース(パニエ内蔵)、ボネ、エプロン2枚、ドロワーズ、ソックス、レザーブーツ、ロザリオ】
合計8点、ドールスタンド(キューティ社・白・スチール製)が商品に含まれます。

【価格】75000円+税(予定)

【本体】
ベースドール: サンデーズベリーベスト/ 中古。ノーカスタム。

: 髪を5㎜にカットし、ウィッグを被せております。
グルーなどをつけていないため、ウィッグを交換して遊ぶことができます。

削ったり切ったりした箇所
アイホール、アイギミック、口元、あご、顔パーツの裏側をルーター等で削っています。
後頭部にまぶたを上げる紐を出す穴を開けています。

ボディ: 変更しておりません。
右足に色素沈着があります。詳細は画像でご確認ください。

メイク:スキンカラー、チーク、アイシャドウ、リップを、エアブラシでメイクいたしました。
下まつげを塗料で筆描きしています。
マット肌に仕上げています。リップのみツヤ仕上げ。

まつげ:人間用つけまつげをつけています。

アイ
中央(1)=デフォルトピンクのカスタムアイ
向かって右向き=スカイブルーのレジンアイ
左向き=グレーのデコレーションアイ; スワロフスキー使用
中央(2)=デフォルトブルーのカスタムアイ

すべて自作です。

サイドアイは後ろの紐でトロ目に調整すると、タレ目のような表情になります。

チャーム
アイチェンジ用=レジン製チャーム+金属パーツ
まぶたを上げる用=コラージュチャーム
両方とも、この子のために自作しました。

小さな幸せを見失わない、健気なセーラに思いを寄せて、イングリッシュガーデンをイメージしつつデザインいたしました。

本体についてのご注意
・右脚に色素沈着があります。紺色、茶系の沈着です。うすめ液で拭きましたが、取れませんでした。
・お顔、首やデコルテ、腕の元の色が違います。材質の違いからくるのか、仕様なのか、またはドール自体が古いせいかもしれません。
(お顔はスキンカラーを塗装しています)
・お顔のコーティングは厚いので普通に遊んでいただく分には傷はつきにくいですが、とがったものや強い衝撃には弱いです。
・アイチェンジの際は、頭を片手で持ち、もう片方の手で紐持って引いてください。そのとき、チャームを持たないでください。
チャームを持って引くと、チャームが外れたり、老朽化した場合には破損の原因になります。

【アウトフィット】
当時の召使いの服装を割と忠実に再現したものをベースに、セーラらしさをプラスしてデザインいたしました。

アウトフィット内容: アウトフィット【ワンピース(パニエ内蔵)、ボネ、エプロン2枚、ドロワーズ、ソックス、レザーブーツ、ロザリオ】
合計8点、ドールスタンド(キューティ社・白・スチール製)が商品に含まれます。

ワンピース
ピンタック、フリルで飾り、ビーズ刺繍をしました。
同じくピンタックとフリルで飾ったパニエと一体になっています。
縫い付けているビーズは、チェコビーズ、日本製ガラスビーズ、
パール風ビーズはプラスチックです。

ボネ:手染めの布花、手染めのリボン、アンティークレースを飾りに縫い付けました。前中心、後ろ中心あたりにコームを縫い付けてあります。被らせるときに、これらのコームをウィッグに固定してください。

エプロン1: 掃除や調理など、汚れ仕事のときにスカートと余所行きエプロン全体を覆う薄地のエプロンを着け、裾の角をウェストにたくしいれ、動きやすくするのが当時風です。
手染めリボンとチェコビーズ、アンティークレースでデコレーションしました。
後ろでリボンを結んで着けます。
向かって左側の裾をウェストにたくし入れてスタイリングします。(裾とウェストをひと針刺して固定してあります)

エプロン2: コットンのピンタック入りエプロン。
かしこまった場所ではエプロン1を外し、これだけを着けます。
後ろでリボンを結んで着けます。

ドロワーズ: ビクトリア時代のロマンチックなインナーです。

ソックス: 黒のニーハイをご用意いたしました。

レザーブーツ:程よいフィット感、牛革製。自作です。靴クリームでよく磨いてあります。

ロザリオ: スワロフスキーのソロバンビーズで作りました。付いている十字架は、日本の資材屋さんで購入したものですが、
同じ形のものをバチカン市国で購入した経験があります。

ドールスタンド: 新品の市販品(キューティ社製、白、スチール)

アウトフィットについてのご注意

・黒色は長時間着せたままにしておきますと、色移りの恐れがあります。
・ワンピースの肩回りがタイトです。着せづらいと感じたら、肩を回しながら着せてください。
・ロザリオの9ピン(ビーズをつないでいるパーツ)が襟のレースに引っ掛かりやすいです。着脱の際はご注意ください。
・チュールで出来ているボネ、エプロン1は大変繊細ですので、お取り扱いにご注意ください。

※撮影用の背景や小物は付属しません。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。
説明は以上です。
長文失礼いたしました。

Previous Article
Next Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください