小さな歌い手*Amaryllis*アマリリス

a-a

a-b

アマリリスとプランタンは小さな歌手。
今日も春を唄います。

そうそう、
緊張しているときに、アマリリスと17回唱えるというおまじないがあるんですって。

色々な角度からの写真はこちら

duo


【追記 2014.5.6】
ドールショーは終了しました。ありがとうございます。
現在は、Spicaさんの店頭およびWebショップにて販売しています。
(店頭は水曜定休)
引き続き、よろしくお願いいたします。

カスタムブライス「Amaryllis(アマリリス)」をドールショー40にて展示即売いたします。
ドールショーについてはこちら


【ドールの詳細】

★お買い上げの際のご注意★
カスタマイズ用でないドールを分解し、削ったり切ったりしてカスタマイズしています。
丁寧に作業しているつもりですが、お顔に傷があったり、塗装ムラがあることもあります。
写真に写らない欠点もあります。
なるべくこちらで表記しますが、チェック漏れなどもありますので、ご了承ください。

また、当方には喫煙者はおりませんが、犬を飼っています。
犬は作業部屋には入れませんし、梱包時には毛など混入しないように気をつけておりますが、
対策は完璧ではありません。アレルギーの方はご注意ください。

【ドール本体】

ベースドール:  シンプリータンプティタンプ(フェアレスト、色白肌)
: 髪をすべて抜き、頭皮のペイントをすべて落として、近似色で塗装、耐熱ウェフティング3束を縫い付け植毛しています。
mousakasさまのふわゆるカール、お色はピンキークリーム(淡いピンクとクリームホワイトの2色構成)を3束、縫い付け植毛しています。前髪を三つ編みして、後頭部でシリコンゴムとUピンで留めています。ヘアカットはしていません。
削ったり切ったりした箇所
目、鼻下~口元、顎。
下まぶたパーツは切りました。
アイチェンジがスムーズになるように、まぶたの裏側を削りました。
目線やまぶた位置の調整のため、アイギミック、顔パーツの裏側も削りました。
お口は、オープンマウスに削りました。
割れ顎を丸く整えました。
ボディ: 特に変更はありません。元々、マニキュアをしています。
メイク:エアブラシ、オイルパステル、水彩色鉛筆でメイクし、つや消しクリアでコーティングしています。
リップとまぶたはツヤ仕上げです。
削ったり、有機溶剤をかけたりしなければ落ちません。
まつげ:デフォルトのまつげを全て抜き去り、人間用のつけまつげ(ブラウンミックス)を入れました。
アイ
中央(1)=タンプティタンプのスペシャルカラー(ラベンダー色)アイをカスタムしました。
右=ドールアイ風カラコン。
左=デフォルトピンクをカスタムしました。
中央(2)=デコレーションアイ。
アイはこの子のためにすべて自作しました。
眠り目ができるように、アイチェンジの紐を2本出しています。
チャーム:2つとも自作しました。
マカロン;ヴィンテージカボションを貼りました。樹脂粘土製、ニスでコーティング済。
レジンプレート;ネイルパーツなどをレジンに封入したプレート。
本体についてのご注意
1.明るいグレーの目にチェンジして瞼を上げるときに、ギミックの動きが少しぎこちないです。
2.頭皮の濃い紫を溶剤で落としたときに、少し頭皮に染み込んでしまったようで、お顔パーツとの色の差があります。
ウェフティングがびっしり縫い付けてあるので、髪を強く引っ張らないと頭皮が露出しないですが、
気になる方はご注意ください。
2.レジン製の自作のもの(アイ、チャーム)には、気泡が入っています。
また、チャームの形は写真の通りいびつで、表面に多少の凸凹があります。
雰囲気重視でこのようにしておりますので、ご理解をお願いいたします。
4.エアブラシの作業中に塗装面にホコリやゴミがついてしまうことがあります。
【アウトフィット】
アウトフィット内容: ワンピース、コルセット、ドロワーズ、クリノリン(ワイヤー入りパニエ)、ボンネット、ソックス、シューズ【合計7点】
この子のためにすべて自作しました。
ワンピース:コットンのワンピースです。後ろ開き、スナップ2個で留めます。
ボンネット:ワンピースと共布を使用しました。
コルセット:表裏ともリバティ生地を使いました。後ろ開き、スナップ3個で留めます。前のリボンも解けます。
ドロワーズ:コルセットと共布のリバティで作りました。共布のフリルがぐるりと縫い付けてあります。
クリノリン(ワイヤー入りパニエ):ワイヤーで作った構造に、レース糸を編みつけてあります。着脱は、背中側のワイヤーを曲げて開閉、ウェストリボンを背中側で留めます。
ソックス:履き口にフリルをつけました。
シューズ:薄手の合皮で自作しました。ワンピースと共布の中敷です。
比較的コンパクトになるように作ったので、履かせづらいときは細い棒などを靴べら代わりにして履かせてください。
アウトフィットについてのご注意
・ほつれやすい場所はすべてジグザグミシンかピケで処理をしています。
・着せる順番は、ドロワーズ→ワンピース→クリノリン だとうまく行きます。
・コルセットはかなりぴったりのサイズです。
着せにくい場合は、まずは背中のスナップを全部留め、
前からコルセットの裾を下に軽く引っ張り、胸元を寄せるようにするときれいに着せられます。
・シューズのクォリティはそれほど高くないです。すみません…
Previous Article
Next Article

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください